Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
「トリーヴァビート」考察。
前に上げた「トリーヴァビート」にもう少し深く突っ込もうと思います。

まず、「トリーヴァ」というカラーリングは強いのか?
ビートダウンするに当たってどういう利点があるのか考えてみます。

光文明:タップでの突破、同系に強い
水文明:ドロー、ブロックされない、バウンスによる低コスト除去
自然文明:マナ加速、イダ

かなり適当に書きましたが、自分の「トリーヴァビート」ではこういう意識で入れています。
さて、これを見るとビートダウンに必要なものはある程度揃っているように思います。
しかし、弱点はないのか?と聞かれると決定的な弱点がいくつかあります。

・全体火力や対象を取らない除去(《ボルシャック・スーパーヒーロー》等)
・《セツダン》や《ディアボロスZ》等の除去耐性持ちのクリーチャー
・《マグナム》や《ドラヴィタ》のような展開を許さないクリーチャー

実際に回していて分かった。いや、回す前から気付いていましたが。
《ドラヴィタ》や《マグナム》は場に出るだけでほぼ対処不可能。
ご存じの通り、除去が水のバウンスくらいしかないので対処が難しいのです。
自然の除去も用意しようと思えばできるのですが、自然過多になるので避けたいのです。

そして、展開後に《ボルシャック・スーパーヒーロー》なんて出されると泣ける。
一気に場アドをひっくり返されてしまう点で言うと、覚醒前に《ローズ・キャッスル》も嫌ですね。
また、除去耐性を持っている《ディアボロスZ》は本当に厳しい。
更に《セツダン》が横に並んでしまうと止めることができないので、どうしようもなくなります。
これらの問題点は超次元呪文を入れているデッキであれば、ほとんどの場合で出てくるということ。
ぶっちゃけ、《アンタッチャブル》のお陰でギリギリ戦えると言っても過言ではないです。

と、弱点を色々上げましたが、このデッキの強みは前述したとおり《アンタッチャブル》です。
なので、自分はどうやって《アンタッチャブル》覚醒させようかと考えました。

・《ジョン》を覚醒させる
・《ヤヌス》を覚醒させる
・《カトラス》を覚醒させる
・《ギャラクシー》を覚醒させる、覚醒させるように仕向ける

言ってしまえば、そりゃ他の覚醒獣を覚醒させるのは当たり前なんですけど。
覚醒しやすいクリーチャーってこんなにもいるんですよね。
《カトラス》覚醒させて《アンタッチャブル》×2が覚醒すれば、《ラスト・ストーム》を作れますし。
《ギャラクシー》が相手のターンで覚醒してしまえば、自分のターンに《ラスト・ストーム》です。

しかし、自分が気になったのは、《カトラス》攻撃で覚醒したとしても。
返しに《ミカド・ホール》等から出てくる《ガンヴィート》で除去られること。
つまり、《ラスト・ストーム》になっても普通に除去られるだけかもしれないと思うわけです。
確かに《ラスト・ストーム》という選択肢がある方が心強いので、否定はしません。
自分も《ラスト・ストーム》を入れるか入れまいか考え中ですしね。

自分が「トリーヴァ」で組むのは手札補充がないから!って言うのと、《サーファー》なんですよ。
前から「白緑ビート」は組んでいましたが、タッチ《サーファー》がいかに強いか確認しました。
そして、《ホワイトグリーン・ホール》の登場で重要度は更に上がりました。
自分でシールドに埋めることができるなんて素晴らしすぎる。
《サーファー》は普通に除去としても機能するので、いつもお世話になっています。
ただ、《カトラス》がブレイクしたシールドから出てくるのは勘弁な!

後は影が薄くなりがちな「縁の下の力持ち」自然文明に関しては《イダ》。以上です。
マナ加速は重要な要素なのですが、そちらにスペースが取られて自然はパワーカードが少なくなるのです。
しかし、《イダ》だけは飛び抜けてビート性能が半端なく高い。
2枚しか入れていませんが、十分相手に致命傷を与えてくれる強カードです。

さて、まとめに入ります。
単純に「トリーヴァビート」は勝てるか?という質問に対して僕はこう答えましょう。
「勝てないことはないけど、弱点知られた途端に勝率が下がる。」
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 14:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-
新弾を開封して。
今回の弾は封入率などを考えた結果、パック買いとシングル買いが安定と判断。
手始めに3パック購入すると、《リュウセイ・カイザー》さんがこんにちは。

日本橋をブラブラして更に5パック買ったが、お目当てが中々当たらずにシングルで買うことに。
その後に日本橋⇒天王寺と移動して新弾の具合を確認がてらにフリーデュエル。
そして、帰り際に2パック購入したら《リュウセイ・カイザー》さんがこんばんは。

《DNA・スパーク》や超次元呪文も当たり、今日はかなりパック運に恵まれた日だった。
前にも何となしに4パック購入した時には、4パック全部に光り物が入っていた時も凄かった。
もちろん、今回も含めそれらのカードは全て移動費や食費に変わる(変わった)のであった。
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) |-
相互リンクのお知らせ。
修行中

mixiで仲良くさせてもらっている方がブログを始めたので相互リンクさせて頂きました。
過去の新潟の大型非公認でも結果を残している実力者で、レシピ等を参考にさせてもらっています。

相互リンクを快く承諾してくださり、ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 23:34 | comments(1) | trackbacks(0) |-
大事なことは言わない。
最近よく「〜からの情報」と言う人を見ますが、皆大事なこと、肝心なことは言わない。
実際にこちらを信用しているのを良いことに、嘘の情報を伝える人もいる。

これが高度な情報戦と言う人もいれば、駄目な行為だと言う人もいる。
自分は受け取る側がそれで納得しているなら別に問題ないと思います。
伝えられた情報が間違いだったとしても、騙された側にもある程度の責任はあると考えています。
もちろん、金銭や人の命に関わるような問題を除いてです。

自分はこれは回らない構築だ!と言われるデッキを実際に回して確認したりします。
優勝者のレシピから分からないデッキに関しても同じく実際に回してみます。
環境がどうのと言われても、自分の目で確認しないと気に入りません。
トリプルヘッダーもその為で、速攻デッキを使ったのも試合が早く終わり他の試合が見れるから選びました。

自分は嘘を言わないし、大事なことは極力伝えたいと思っています。
twitterやブログで情報を流している人達もそういう人達の方が多いと思います。
しかし、それが全てではないということは覚えておかないといけません。
情報が本当か嘘か、その人が強いか弱いかは関係なく、情報の齟齬は必ずあるのです。

「〜が言っているから〜は正しい」それでも構わないです。
ただ、いつまでも受け取る側ではなく、伝える側に回れるようにならないといけない。
twitterやブログで発信しているからと云って、誰もが伝える側というわけではありません。
twitterやブログで得た情報から「〜が強い」「〜は弱い」と考察するのは受け取る側の人間。
もちろん、他から得た情報を元に自身で調べ見て聞いて回して得た情報なら間違いないでしょう。

こんな感じのことを友人にダラダラと話していたら、息ふーふーされました。
たぶん、「何、この人臭い」ってことなんだと思います。
声が大きい人には裏があると思い疑って、簡単に信用してはいけない。
盗難が外部の仕業かと思ったら、身内の仕業とかありますからね。(今回は盗難の話じゃないけど)
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 18:01 | comments(4) | trackbacks(0) |-
「ちょっとした対戦動画 ヴァーズvs黒緑、白緑メタvsドロマー」動画UP。

さて、前回の記事の予告通り対戦動画をYouTubeにアップロード致しました!
ちょっとした対戦動画_ヴァーズvs黒緑、白緑メタvsドロマー
今回は同色対決と環境メタデッキとトップメタデッキの対戦です。

途中の字幕で「ガガ・カリーナをアルカディアスの進化!」になっていますが。
正しくは「ガガ・カリーナをアルカディアスに進化!」です。
前回に引き続き、不備があり申し訳ございません。

○1回戦、2回戦
右側:「黒緑速攻」(rateko)
左側:「黒緑ヴァーズロマノフ」(rinko)

○3回戦
右側:「ドロマー超次元」(rateko)
左側:「白緑メタビート(アルカディアス)」(rinko)

提供は前回に引き続き『ちょっとした和室』でお送りさせていただきました。

rateko氏のブログ『Oden〜黄身がいない〜』は
コチラ
デッキレシピと一緒にデッキ解説も行った記事が上がっていると思います。
また、rinko氏の使っている「黒緑ヴァーズ」のレシピも上げる予定です。

動画でのデッキと現在のデッキレシピは変わっています。
ご了承の上、動画と記事を楽しんでくださいますようお願い致します。

posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |-
ちょっとした近況報告。
さて、またまた動画を撮影して、今は編集で大苦戦しております。
動画のネタバレをすると、

「黒緑ヴァーズロマノフ」vs「黒緑速攻」
「白緑メタビート(アルカディアス)」vs「ドロマー超次元」

以上が動画の内容です。
編集が終わり次第、YouTubeに投稿致しますので乞うご期待。
----
とりあえず、一通り夏休み中の大型非公認は終了したのかな?
それはそうと東京CSの4位に入賞した「超次元オーライオン」が超超魅力的!
自分なりにレシピを見て考察してみたのですが、かなり練り込まれていて納得の入賞です。
思わずカードショップで《オーライオン》セットを買ってしまいましたよ。

その他に「ネクラ超次元」に積まれた《デス・メンドーサ》は良い選択だと思いました。
最近は《クイーン・アルカディアス》や《ブロークン・ホーン》が目立っていますし。
1枚積みでもピンポイントで破壊できる《デス・メンドーサ》は強く思います。

《セブンス・タワー》は序盤から終盤にかけて使える良カードだと教えてくれましたね。
しかし、友人は「そんな遠まわしなことしなくてもドローすれば良い」と言っていました。
やはり、デッキ構築は考え方がそれぞれあり深いんだなと思いました。
間違えはあるけど、正解はない!それがデッキ構築だと自分は考えています。
----
最近持ちデッキが速攻ばかりで悩んでいました。
そこで、動画でも登場する「黒緑ヴァーズロマノフ」を組みました。
内容は中速ビートで、ハンデスして除去して殴っての繰り返しのデッキです。
単調だけど、地味なテクニックもあるので使っていて飽きないデッキだと思います。

また、新しくデッキを組もうと考えているのですが良いネタがない。
《ゴーゴン》or《トリッパー》⇒《シュトラ》でビートダウンするとか面白いと思うけどね。
コントロールデッキを全て崩してしまったので、できればコントロールデッキを作りたい。
「白青」で面白いデッキ組めるかな〜。アイデアはあるけど、形にできるか不安です。
それに最近欲しいカードが探して見つからなくて、作りたくても作れないのが残念。
日本橋を探し回っても、地元でも少し遠出しても見つからない。
それでも、アイデアは浮かび続けては消えるの繰り返しなのです。
----
明日は非公認なので、デッキ選択と調整を行わなければならないが辛い。
動画編集と新デッキ構築と3つこなさなければならないのが辛い。
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 00:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
メタビート。
最近、《ガガ・パックン》やらで呪文を縛りながらビートするデッキが流行っていますね。
友人らてこ氏も「白緑メタビート」を組んでいますが、かなり強いです。

■キーカード

呪文メタ
《サプライズ・ホール》&《ガガ・パックン》
《封魔ゴーゴンシャック》
《結界するブロークン・ホーン》

アタッカー
《聖霊王リケ》
《聖霊王アルカディアス》
《サイバー・N・ワールド》
《大神秘イダ》

これだけではないのですが、トリーヴァカラーなら《N・ワールド》はかなり重要。
相手の呪文を縛っているので、手札を与えても問題なし。
また、友人の「白緑メタビート」は《アルカディアス》で白以外の呪文を完全にシャットアウト。
《ガガ・カリーナ》がかなり強く、どんな相手にも上手く対応させて戦います。

《イダ》や《リケ》は純粋な高パワー高打点のアタッカー。
これらのアタッカーで奇襲を仕掛けるとあっという間にシールドは0枚。
トドメまで楽に到達でき、打点不足も楽に解消できます。

自分はトリーヴァカラーの方が良いと言ったのですが、らてこ氏の拘りで「白緑」の2色の構成。
2色なので色事故もなく、序盤から終盤まで安定していますね。
最近は「キリコ」メタに《メスタポ》を入れても良さそうです。

メタビートは自分も昔組んでいたりしていたので、らてこ氏の「白緑メタビート」は好みです。
CSでもメタビートがベスト8に入っていたり、今後も期待できるデッキタイプではないでしょうか。

メタビートと言っても、環境によってメタる対象は変わってきますが。
今の環境では本当の意味でメタビートとして機能しているように思います。

「青黒メルゲ」はトリガー1発で終わるので、そろそろ違うデッキも組まないといけないです。
と、言いつつ実はとっくに新しいデッキは組んでいるんですけどね。
それと「ネクラ」の改造を重点的にしていきたいですね。

自分は昔からビートダウンにかなり期待しています。
これからの環境を引っ張るのはビートダウンだ!
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 23:27 | comments(4) | trackbacks(0) |-
「ちょっとしたデュエマ対戦動画 ドロマー超次元vs赤緑速攻」動画UP。

デュエマ対戦動画をYouTubeでアップロード致しました!
ちょっとしたデュエマ対戦動画_超次元ドロマーvs赤緑速攻
ガチデッキ勝負!果たしてどちらのデッキが勝利を飾るのか!?

左側:「ドロマー超次元」(rateko)
右側:「赤緑速攻」(rinko)
提供が『ちょっとした和室』となっています。

カードが見づらくなっている場面があります。
撮影の不備や配慮が足りなく、誠に申し訳ありません。

BGMの件は解決しました。
替えのオーディオを用意しているのは流石「YouTube」と感じました。
今後も動画を上げていくかもしれないので、その時はよろしくお願いします。

動画で使用されている「赤緑速攻」のレシピはコチラです。
また、「超次元ドロマー」のレシピは
rateko氏のブログをご覧ください。

前回の記事では内容が不十分でしたので、新しく書き直しました。
ご了承の程よろしくお願い致します。

posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 00:41 | comments(2) | trackbacks(0) |-
ちょっとした友人のブログの記事紹介。

ちょこっと友人のブログの記事紹介。
「赤白緑超次元コントロール」

トリガーが多く強くて、メイン除去は火力となっているデッキなので速攻相手にも割と戦える。
ただトリガーが出る確率は高いので「赤緑速攻」や「青黒メルゲ」相手でも3割は取れる。
「Mロマ」や「GENJI」相手には少し余裕を持って迎え撃てるデッキだと思った。
今流行りのコントロール相手にもメタカードが刺さるので気持ち楽に戦えるだろう。

個人的には《雷撃と火炎の城塞》を増やしたいところ。
《ストーム・ホール》4枚にしたり、思い切った構築にしても構わないと思う。
また、《ブロークン・ホーン》が難しいカードなので今後も調整は続くはず。

本人も言っていたけど、「リースカラーはもっと評価されて良い。」と思う。
《ジオ・ブロンズ・マジック》等で地味に強化されているし。
元々弱いデッキではなかったので、ビートが強い環境にならかなり強い。
それにコントロールの嫌がるカードも搭載できるのも強みで、フィニッシュも申し分ない。

しかし、このデッキ一番の欠点は相手に干渉するカードの少なさ。
友人も「相手にやりたい放題される。」と言っていました。
それを踏まえての「《キャバルト》や《ブロークン・ホーン》だ!」と話しています。

「青Mロマ」使って対戦していて、《キャバルト》で火の超次元呪文全部落とされたのは痛かった。
《クラゲン》でデッキトップに持ってきた《M・ロマノフ》が出せずにジリ貧で負けました。
(マナ4で手札0なので、トップで《M・ロマノフ》を引いてもマナが足りずに出せなかった。)
自分のデッキもそろそろガチ調整しないと環境に置いていかれてしまいそうです。

posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |-
新弾:E1考察。

新弾の情報が全て出揃いましたね。
今回、個人的に注目しているのはこの3つ。

○友好色から進化する進化クリーチャー
○覚醒リンク
○既存デッキの強化パーツ
----
■友好色から進化する進化クリーチャー
《悪魔神ザビ・イプシロン》はかなり強い。
出た時にコスト7以下の水、闇、火のサイキッククリーチャーを1体場に出せる。
進化クリーチャーの弱みの場アドを稼いでくれるのはすごく良い。
選択肢が豊富な水、闇、火ですし、進化もしやすい。
文句なしのハイスペックカードですね。

《聖霊王リケ》は純粋なビートダウンの主力として使用していけるスペックですね。
《青銅の鎧》から簡単に繋がるのも良い感じだと思います。
究極進化に繋げやすいカードでもあるので、少し注目してみてはどうでしょうか。

■覚醒リンク
自分が気に入っているのは、《マシュマロ人形ザビ・ポリマ》と《ギル・ポリマノペンチ》です。
1枚の超次元呪文で次のターン楽に除去耐性持ちのアタッカーが増えるのは良い感じ。
ただ、2体展開した返しに片方が除去られると簡単に崩されますし、覚醒リンクしてもパワーが低い。
目立つデメリットはありませんが、逆にメリットも見当たらないという地味なカードですね。

《イオの伝道師ガガ・パックン》と《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》の覚醒リンクは面白いですね。
覚醒リンクすると、一人で殴って一人で守る《貪欲バリバリ・パックンガー》になる。
しかし、最近の環境では《ガード・ホール》からの《ガンヴィート》で沈むのが悲しい。
これに関しては《幻惑の魔手ドン・マシュマロ》も同じですね。

■既存デッキの強化パーツ
《フェアリー・ライフ》のクリーチャー版の《霞み妖精ジャスミン》はすごい反響ですね。
こういうカードを待っていたと言う人は多いはずですね。
スノーフェアリーの種族デッキから、クリーチャー主体のガチデッキまで採用される優良カード。
自分も早いところ30枚以上は集めたいところですね。

また、《ゴースト・タッチ》のクリーチャー版の《特攻人形ジェニー》。
このカードもファンからガチまで幅広い活躍を見せてくれそうなカードです。

《コアクアンのおつかい》はかなり強力なカードですね。
青黒のコントロールやビートに入ったり、既存のドロマーに投入されたり忙しそうなカードです。
このカードの出現で友人が「青黒フェルナンド」を組むそうなので、完成が楽しみです。
《コアクアンのおつかい》はガチカードなので、使用率はかなり高くなりそうですね。

場に出した時に軽量サイキッククリーチャーを出すサイクルは面白いですね。
少し物足りない感じもしますが、場アドが稼げ良いカードだと思います。
《電流戦攻セブ・アルゴル》は種族も優秀ですし、ブロッカー持ちなので中々使えそうですね。

最後は《ジオ・ブロンズ・マジック》。
《青銅の鎧》のようなブーストですが、光のカードが埋まれば1ドロー!地味ですがこれが強い。
確実に1ドローできるようなデッキに投入すれば光るカードですね。
また、光と自然のみでも十分コントロールデッキが組めるようになったんじゃないでしょうか。
《ハッスル・キャッスル》や《アヴァラルド》等でドロー。
《ドラヴィタ・ホール》や《シャイニー・ホール》でフィニッシャーの展開。
除去カードは《リーフストーム・トラップ》等があるので、問題ないでしょう。
自分はチャンスがあれば白緑コントロールを組んでみようと思っています。
しかし、組むとしても新プレ殿&殿堂次第ですね。
----
前にも書きましたが、今回の弾は良い弾だと思います。
今後にも期待できそうですし、まだ新プレ殿&殿堂もあるので環境は変わっていく一方ですね。
今回は大型弾なので、お目当てのカードが手に入りにくい。
1BOX買って必要になったカードをシングルで探しに行くとしましょうか。
再録禁止カードもあるので、新弾は必要以上に買わざるを得ないようですね。

posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 08:28 | comments(0) | trackbacks(0) |-