Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
「黒緑野菜ゾンビ(改)」デッキレシピ。
「黒緑野菜ゾンビ」

闇文明
4 x 黒神龍アバヨ・シャバヨ
4 x 黒神龍グールジェネレイド
4 x 偽りの名(コードネーム) ドレッド・ブラッド
4 x ボーンおどり・チャージャー
3 x ファンタズム・クラッチ


自然文明
1 x ダンディ・ナスオ
4 x ジオ・ナスオ
2 x ビクトリー・アップル
2 x グレイト・カクタス
4 x バロン・ゴーヤマ
4 x フェアリー・ギフト
4 x ドラグハリケーン・エナジー

----
一度同デッキでレシピは上げているのですが、改良したので再度上げときます。
また、デッキの動かし方や各カードの採用理由等も書き足しておきます。

基本的な動かし方は、最初にワイルドベジーズで墓地肥やし+展開を行います。
《ダンディ・ナスオ》や《ジオ・ナスオ》は序盤から墓地にカードを増やせますね。
墓地に落とすのは《ドレッド・ブラッド》と《グールジェネレイド》です。
使用済みの《ナスオ》達は《ドレッド・ブラッド》の餌になります。
《バロン・ゴーヤマ》は墓地肥やしと展開ができるので、《ドレッド・ブラッド》と好相性。
サブの墓地肥やしの《ボーンおどり・チャージャー》は3→5と《ゴーヤマ》に繋がりますね。

しかし、このデッキの隠し味は何と言っても《ドラグハリケーン・エナジー》ですね。
効果で場に出た《ドレッド・ブラッド》は召喚酔いをしているので隙を与えてしまいます。
更に場のクリーチャーを2体破壊していることで、アドバンテージはあまり変わっていません。
なので、《ドラグハリケーン・エナジー》で一気に場アドを取り返します。
《グールジェネレイド》も同じように引っ張り出すことができますので、無駄がありません。
《ナスオ》等でデッキ内を見れるので、残りのカードも把握でき無駄打ちも回避できます。
《ドレッド・ブラッド》がいたりする時にトリガーで出るとカウンターも狙えます。

《ファンタズム・クラッチ》はビート対策なのですが、ストライクバックに注目しました。
シールドからの《ドレッド・ブラッド》や《グールジェネレイド》を直接墓地に遅れます。
これで無駄なく次に繋げられるので、ビートダウン相手にも安心して戦えると思います。

■黒神龍アバヨ・シャバヨ
除去を兼ねて《グールジェネレイド》を能動的に場に出すことができます。

■偽りの名 ドレッド・ブラッド
メインアタッカー1。《グールジェネレイド》と合わせて嫌らしく攻められます。
基本的には自身の効果で場に並べることは難しく、ビートする時に出しても弱いです。
(アタッカーを減らし、自身は召喚酔いしてしまっているため)
場にあまり並ぶことはないのですが、早いターンで出せる点を活かしました。

■黒神龍グールジェネレイド
メインアタッカー2。このカードが墓地にあるだけで、相手に睨みが効きます。

■ボーンおどり・チャージャー
安定の墓地肥やしカードですね。使用する際に一切のデメリットがないです。
基本は《バロン・ゴーヤマ》に繋ぐカードとして使用しています。

■ファンタズム・クラッチ
低コスト、ストライクバック、除去。このデッキにピッタリなカードでした。
ビートに弱いと思ったので、このカードを積むことで少し安心できるようになりました。
既に書いていますが、ストライクバックで不確定ながら墓地肥やしも兼ねています。

■ダンディ・ナスオ、ジオ・ナスオ
《ドレッド・ブラッド》の餌にもなり、墓地肥やしもしてくれる重要パーツです。

■ビクトリー・アップル
ドラゴンとシナジーしているため、無駄なく効果を使える優秀なカードです。

■グレイト・カクタス
ワイルド・べジーズのサーチを行うのですが、ドラゴンゾンビとのシナジーは低いです。
《バロン・ゴーヤマ》からリクルートでき、次に繋げていけるカードです。

■バロン・ゴーヤマ
これ1枚が《ドレッド・ブラッド》に変わります。
リクルート能力はかなり強力でこのデッキでは一番の活躍を見せてくれます。

■フェアリー・ギフト
このデッキ内で一番シナジーの低いカードです。
それでも、早期展開に一役買ってくれる頼もしいカードです。

■ドラグハリケーン・エナジー
このデッキの隠し味的カードです。
このカードのお陰でこのデッキが更に面白いデッキに仕上がりました。
《ドレッド・ブラッド》の隙を補ってくれます。トリガー持ちなのも嬉しいです。

このデッキは、リクルートして展開するデッキなので《メスタポ》を出されると苦しいです。
また、《ドレッド・ブラッド》の餌を除去されるのも厳しいです。
更に言うと墓地を掃除されるのも辛いです。
それでも、上手く繋げられるように構築しているつもりなので頑張るしかないです。
対策される前に展開してしまおうという理由での《フェアリー・ギフト》だったりもします。
相手がガチなデッキだと無理ですが、ファンデッキ同士なら面白い戦いができると思います。

基本的に《ドレッド・ブラッド》×4《グールジェネレイド》×4みたいな場にはなりません。
ドラゴンゾンビの魅力は倒しても倒しても次々出てくるしつこさ鬱陶しさにあると思います。
次に控えているドラゴンゾンビを先に展開してしまうと、返された時にとても弱いですしね。
なので、《ドレッド・ブラッド》×2《ゴーヤマ》のみの盤面でもビートダウンを仕掛けます。
それでも十分な盤面ですが、墓地には《グールジェネネレイド》が控えていますからね。
手札からワイルド・ベジーズも次々飛び出しますので、一度ハマってしまうと抜け出せません。
このデッキの魅力はカード間のシナジーでもあります。
なので、なるほどーと思って頂けるだけで嬉しいです。
posted by: コバやん | ちょっとしたデッキレシピ | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 08:10 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://japanese-room.jugem.jp/trackback/481
トラックバック