Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
「黒緑野菜ゾンビ」デッキレシピ。
「黒緑野菜ゾンビ」

闇文明
4 x 黒神龍アバヨ・シャバヨ
4 x 黒神龍グールジェネレイド
4 x 偽りの名(コードネーム) ドレッド・ブラッド
4 x ボーンおどり・チャージャー


自然文明
1 x ダンディ・ナスオ
4 x ジオ・ナスオ
3 x ビクトリー・アップル
4 x グレイト・カクタス
4 x バロン・ゴーヤマ
4 x フェアリー・ギフト
4 x ドラグハリケーン・エナジー

----
まずは《ドレッド・ブラッド》の長所と短所をまず書き出してみましょう。

■長所
・破壊された時に効果を発動するクリーチャーと相性が良い。
・cip持ちの使用済みのクリーチャーを高パワー高打点のクリーチャーに変えられる。
・種族が優秀なのでサポートが豊富。

■短所
・場にクリーチャーがいないと出せない。
・墓地以外のゾーンに移動する除去に弱い。
・墓地からデッキに戻されたりすると弱い。
・高パワー高打点のクリーチャーに変わっても出せる打点は変わらない。
・場数が減っているのでウィニー等に対する殴り返しができない。

こうやって書き出してみると滅茶苦茶弱い気がしますね。
実際に墓地以外のゾーンに送られる除去や墓地掃除に滅法弱いです。
現在《吸い込むナウ》や《サイバー・N・ワールド》が流行っているのがかなり辛いです。
これらの短所を克服し、長所を生かすための構築を考えました。
それでもバウンスとかは防げないので辛いのは変わらないんですけどね。

このカードを使うためのステップを3段階に別けて考えていきます。

ステップ1:墓地に送る。
ステップ2:生贄を用意する。
ステップ3:出した後のケア。

ステップ1とステップ2はワイルドベジーズを使うことで、楽に済ませることができました。
《ナスオ》や《ジオ・ナスオ》で序盤から墓地調整ができ、クリーチャーが場に残る。
その点では《バロン・ゴーヤマ》はかなり優秀です。
単に墓地に送るだけなら、不確定ですが《ボーンおどり・チャージャー》もありますね。

問題はステップ3の出した後のケアなんですが、ここはかなり悩みました。
誰でも考える《グールジェネレイド》との組み合わせってのが第一に上がりました。
当然《グール》も生かせるように組んでいますが、それだけだと《N・ワールド》が辛い。
バウンスされるのは仕方ないとしてもね。
なので、《ドラグハリケーン・エナジー》でデッキに戻されても引き摺り出そうという考え。
場に出す前に墓地掃除されたりしたら終わりですが・・・。

しかし、《ドラグハリケーン》の本当の採用理由はそれではないんですよね。
デメリットの場が減ると言う点が一番辛かったのです。
また、何体も場に出すのが難しいので、デッキから引っ張るというのがベストでした。
《グール》も一緒に場にいれば、W・ブレイカー持ちが4体になるというわけですね。
ビート相手にはトリガーで踏んでもらえればカウンターも狙えたりします。
と、言っても基本的に弱点を突かれたら厳しいので、あくまでコンボカードという認識で。

こんな感じにできたのが、今回のデッキです。
今回上げたレシピはコンボ紹介みたいな感じなので、ビートされたりしたら勝てません。
今は実戦で使えるように改良中ですので、完成したらまた上げます。

ダラダラと書きましたが、《ドラグハリケーン》の発見はたまたまなんですけどね。
それでも、このデッキのコンセプト等やデッキ作りの考えとか書きたかったので書きました。
自分が一流のデッキビルダーだとは思いませんが、参考になれば幸いです。
こうやって相性の良いカードを見つけてデッキを組んでいく。
そういうことを初心者の方に学んで頂きたいですね。
それはガチデッキもファンデッキも同じなので、デッキは自分で組むのが望ましいですね。

自分はワイルドベジーズとドラゴンゾンビはデザイナーズだと思うんですけどね。
デッキは自分で組んで「このカードはこういう理由で入るのかー」と発見できたら十分です。
優勝デッキだからといって、何の考えもなしに組んで回してるだけじゃ駄目ってことです。

途中から説教臭くなりましたが、これで終わります。
ぶっちゃけ、デッキレシピだけで良かったですね。
最近はプレイヤーのレベルが上がってるので、レシピを一度見れば全て理解できるでしょう。
posted by: コバやん | ちょっとしたデッキレシピ | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 05:09 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://japanese-room.jugem.jp/trackback/478
トラックバック