Search
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
ビートダウンについての考察。
ビートダウンについて。

まず最初に上位のビートダウンデッキを簡単にまとめます。

■Nエクス(圧倒的なカードパワー)

■Λビート(攻め方が多彩)

■トリーヴァビート(カウンターができる)

■黒緑速攻(とにかく速い)

■青黒速攻(マナを縛り速度もある)

ビートダウンの基本はクリーチャーを展開して"殴る"です。
もちろん、それだけでは勝てないので、妨害手段等を用意しているわけです。
例えば、《ゴーゴン》や《パックン》で呪文のコストを上げたり。
《焦土》や《バジュラズ・ソウル》でランデスしたり。
他には《ハイドラ》のように相手のトリガーのチャンスを潰したり。

ビートダウンでまず確実にトップに来るのは「Nエクス」ですね。
マナ加速からの《N》⇒《エクス》は王道パターン。
しかし、動きが読みやすいのでランデスやピーピングハンデスで展開を遅らせたり。
《N》の返しに《ロスト・ソウル》を撃たれるとかなり厳しくなる。
どのデッキタイプ相手にもオールラウンドで戦えるので、次の環境では意識せざるを得ない。
「Nエクス」をメタるにしても、どのようにメタるかどのカードをメタるか。
また、使用するデッキによってもメタり方が変わるので、色々試す必要がありそうだ。
例えば、ビート系なら《ジェットドリル》、コントロールなら《ロスト・ソウル》とか。

「Nエクス」も脅威だが、同カラーで組まれることの多い「Λビート」も忘れてはならない。
速さは「Λビート」の方が速いが、展開力は「Nエクス」の方が上。
また、「Λビート」メタり易く突破力が低いのも悩みどころ。
しかし、構築の自由度が高いのもあり、メタ側に回ることの方が多くなるだろう。
次の環境では「Nエクス」やコントロールに喰われてしまう可能性もある。
今は様子見した方が良いデッキだと思う。

「トリーヴァ」はカウンターできる点以外は強みが少ない。
カウンターできても、攻撃してこないデッキ相手には意味がないから。
ただ、「Λビート」と同じように、攻め方が多彩だったりもする。
ビートダウンが流行るならワンチャンスあるかもしれないが、「Nエクス」の劣化になるか。
その他のビートダウン比べても弱点が多いので、それを克服できれば準上位まではいけそう。
自分はあまり期待していないが・・・。

速攻に関しては、あまり語ることはないのですが。
コントロールに《ベルリン》が登場したことにより、若干厳しいかなと見ています。
また、「Nエクス」のような《DNA》を積んだデッキが怖いかなーとか。
速攻が強いというのなら、《エンフォーサー》を簡単に積んでくるデッキが多い環境で。
ビートを意識してトリガーを多く積んでる人が多くなりそうなのも向かい風。
「ジェスターソード」のようなデッキもあるので、チャンスがあれば準上位止まりかな。

ビートダウンの最初の壁は《ブラッディ・シャドウ》と《ベルリン》だと考えています。
除去できるようにするか、これらを上回るパワーのクリーチャーで攻めるか。
その次に考えなければいけないのが、突破した返しや相手のトリガーですね。
「ジェスターソード」みたいな特殊なデッキは、別で考えた方が良いと思います。

自分がビートダウンで重要だと思っているのは、1に展開力、2に突破力です。
ブロッカーを展開されても、それを上回る数で攻めれば殴り切れないこともない。
展開したら後は突破するだけですから、ブロッカー破壊やブロック不可やらで攻めれば良い。
ブースト後にこちらに干渉してくるデッキが多い環境なので、次の動きが読みやすい。
「青黒ハンデス」のようなデッキが相手ではない限り、序盤の展開は妨害されにくいはず。
《トリッパー》や《ローズ・キャッスル》等は例外ですが。
そのような環境なので、きっちり展開しきれば後は突破するカードを引くだけ。
そのためにはドローしなければいけないので、青入りのビートが強いと自分は考えました。
妨害しながらビートするデッキもありますし、手札がなければ動けないですからね。

色々な人が言っていますが、ランデスは今の環境かなり強いです。
ハンデスはトップで解決されることがある分、ランデスより妨害手段としては劣ります。
もちろん、今の環境だからの話ですが、ランデスは相手を嵌められますしね。
また、《ゴーゴン》や《パックン》等で呪文コストを上げてからのランデスは強い。
次の動きがテンプレ化しているデッキも多いのもランデスの強さを引き立ててますね。

最後に各デッキで使用されるカードを少しだけまとめます。
これらは警戒するべき、意識するべきカードですね。
書かれていないカードの中にも強力なカードはありますけど、多くなっても見づらいので。

■Nエクス
《サイバー・N・ワールド》
《超竜バジュラ》
《永遠のリュウセイ・カイザー》
《バジュラズ・ソウル》
《ボルバルザーク・エクス》

■Λビート
《封魔ゴーゴンシャック》
《超電磁コスモ・セブΛ》
《レッド・ABYTHEN・カイザー》
《超次元シューティング・ホール》
《超次元の手ブルー・レッドホール》

■トリーヴァビート
《DNA・スパーク》

■速攻
《封魔ゴーゴンシャック》
《停滞の影タイム・トリッパー》

ざっとこんな感じです。
今回の考察が少しでも皆さんの参考になれば幸いです。
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 04:57 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:57 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://japanese-room.jugem.jp/trackback/439
トラックバック