Search
Calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
「青赤ヤヌスビート」デッキレシピ。
水文明
1 x アクア・スーパーエメラル
4 x アクア・サーファー
1 x スパイラル・ゲート
4 x 超次元エクストラ・ホール


火文明
4 x 凶戦士ブレイズ・クロー
2 x 砕神兵ガッツンダー
4 x 斬斬(ギルギル)人形コダマンマ
4 x 若頭の忠剣ハチ公
2 x お騒がせチューザ
1 x GENJI(ゲンジ)・ボーイ
2 x カモン・ピッピー
1 x 火焔タイガーグレンオー
2 x 超次元キル・ホール


多色
4 x 熱湯グレンニャー
4 x 超次元の手ブルー・レッドホール


超時元ゾーン
1 x イオの伝道師ガガ・パックン/貪欲バリバリ・パックンガー
2 x 時空の戦猫シンカイヤヌス/時空の戦猫ヤヌスグレンオー
1 x 時空の剣士アクア・カトラス/青藍の覚醒者アクア・エクスカリバー
1 x サコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x ウコン・ピッピー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン
1 x ハイドラ・ギルザウルス/死海竜ガロウズ・デビルドラゴン
1 x 流星のフォーエバー・カイザー/星龍王ガイアール・リュウセイドラゴン

----
「青赤ヤヌスビート」です。
地元の大会で使用したレシピですが、課題が多いデッキですので参考程度に。

大会結果はこんな感じ。
白青ブロッカー○○、赤緑速攻○××、赤緑速攻○×○
レポはしませんが、ブロッカーデッキに勝てたのは大きいと思う。
ただ、やはり速攻が苦手なのは否定できないです。
最初に書いた「課題」はそこら辺が大きかったりします。

それでは、まずはカードを個別に解説しますね。

『アクア・スーパーエメラル』
増量した方が良いかもと思っているカードです。
《ヤヌスグレンオー》をひっくり返せるのは大きく、ブロッカーかつシールド操作はやはり速攻に強い。
追加する場合、《エメラル》でも良いんですがパワー1000と言うのが不安なんですよね。

『砕神兵ガッツンダー』
滅茶苦茶強いですよね〜。殴り返しや邪魔なシステムクリーチャーの除去には持って来い。
《ヤヌス》と組み合わせること前提で使用するのが良いかと思います。
単体で出しても全体火力等の巻き添えで破壊されてしまうので。

『若頭の忠剣ハチ公』
ハンデスメタ。強力な展開力を持っていて、パワー3000なのは本当に嬉しい。
デッキの中身を見られるのも強く、シールドの中身の確認も忘れずにしたい。
《エクストラ・ホール》で墓地のこのカードをデッキに戻せばいくらでも戻ってきます。

『お騒がせチューザ』
個人的には使いにくいカードだと思っています。
出した次のターンには仕事をしてもらわなければならないので、場を整えるのが難しい。
しかし、中盤から終盤にかけて、強力な呪文ロックがかけられるのは弱くはない。
これも《ヤヌス》前提で動かすカードですが、メタカードとしてはかなり優秀でしょう。
《DNA・スパーク》や《スローリー・チェーン》を潰せるのはかなり大きいですしね。

『GENJI(ゲンジ)・ボーイ』
《ハチ公》や《カモン・ピッピー》がハンターなので、遺憾なく効果を発揮してくれます。
《シューティング・ホール》を複数積むより、このカード1枚でブロッカーデッキ相手は半壊できますね。
このカードのおかげで「白青ブロッカー」に勝てました。

『カモン・ピッピー』
《ウコン》と《サコン》を展開するだけで十分に仕事をしてくれるカード。
また、《フォーエバー・カイザー》を出して、覚醒リンクを狙うのもあり。
それでも、結構腐っているので、扱いが難しいカードでもありますね。

『ハイドラ・ギルザウルス』
基本的に《ブルー・レッドホール》から出します。
《ブレイズ》⇒《グレンニャー》⇒《シンカイヤヌス》⇒コレ。
相手のトリガーやシノビを牽制でき、使用されようが相手は苦しむ。
このカードは前から使いたいと思ってたから、上手く入るデッキが組めて良かった。

《コダマンマ》と《グレンニャー》を4枚ずつ投入は、確実に2ターン目から動きたいからです。
単体で運用しやすいカードは多く積んでも邪魔にはならないですしね。
終盤には《ヤヌス》をクルクルさせる必要があるので低コストのカードは重要。
フリー等を通して、《ヤヌス》が強いのは終盤の粘り強いビートなんだと思いました。

今回はレシピとその内容を少し書いた程度ですが、次は考察でもしますかね。
本当は友人が組みたいと言っていて、カードも集めていたのですが、私が組んでしまいました。
別にデッキが他人と被ろうが構わない人なので、私が組んでいようが関係ないと思いますがね。
posted by: コバやん | ちょっとしたデッキレシピ | 06:35 | comments(2) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 06:35 | - | - |-
自分も作って回してみようと思います。

なかなかよさそうな動きができるので^^
| リュウ | 2012/01/08 2:52 AM |
>>リュウさん

返信が遅れて申し訳ございません。
ヤヌスビートは面白く、勝てるデッキなのが良いですね。
| rinko | 2012/01/12 9:32 PM |









この記事のトラックバックURL
http://japanese-room.jugem.jp/trackback/421
トラックバック