Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
Recommend
Recommend
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |-
コラム〜現環境について〜。
久しぶりにコラムでも書きましょうかね。

まず、最初に現在の環境の確認からしますね。
S:キリコ、青黒t白
A:Mロマ、トリーヴァ、各種速攻
B:ネクラ、GENJI
(西日暮里駅東口さんのビクトリー1店舗予選突破デッキ分布集計参考)

「キリコ」の《スローリー・チェーン》や「トリーヴァ」の台頭により、「Mロマ」が落ち着いて来ましたね。
それでも、「速攻」が多いところを見ると、ただ単に使用者が減ったと見るのが普通でしょうか。
「速攻」も赤い《コダマンマ》や《ザビ・クロー》の登場で以前と比べて速度や安定度が増しました。
特に「黒赤速攻」は新しく速攻デッキの仲間入りを果たして、更には突破している方もいますね。

それに合わせるかのように、トリガーを仕込みつつビートダウンする「トリーヴァ」も上がってきました。
《DNA・スパーク》や《アクア・サーファー》を状況に合わせて埋め、カウンターが強いデッキです。
《チャクラ》を入れることにより、《スローリー・チェーン》をすり抜けたりと中々手強く。
また、《パックン》による妨害で「青黒ハンデス」を抑え込んだりと、臨機応変に戦えるのが魅力。
更に《サイバー・N・ワールド》により、息切れもなく長期戦も楽々とこなしますね。
資産がない方にも楽にパーツが揃えられる点も流行の原因でしょうか。

個人的には、この一連の流れは必然的に起こったのではないかと考えています。
「Mロマ」にも『黒型』や『白型』と別れていて、『白型』はカウンターが強みのデッキでした。
そして、その流れから今の「トリーヴァ」、更にカウンター性を高めたデッキが上がってきた。
と、言うよりも、常にワンチャンスある「速攻」や「Mロマ」に確実に勝てるデッキというのが大きいですね。
回し方も分かりやすく、勝ち方も《DNA・スパーク》を仕込むだけと、とても簡単なんですよね。

「トリーヴァ」が上がってくるとなると、次は何に注目すればいいのか。
それは単純に「トリーヴァ」に勝てるデッキを探せばいいだけです。
例えば、「ネクラ」とか。最近では《マグナム》や《HEIKE》を積んだ形が多いのですが。
《マグナム》も《HEIKE》も「トリーヴァ」に滅茶苦茶刺さるカードです。
更に、超次元ゾーンに《ドラヴィタ》が入るため、非常に心強いんですね。
「トリーヴァ」お得意の《DNA・スパーク》による逆転も《バルカディアス》で封殺されたり。
「トリーヴァ」は「ネクラ」相手にはかなり不利なんですよ。
もちろん、トップメタである「キリコ」相手にも《デル・フィン》でロックされたりで勝てなかったり。
いくら《チャクラ》でビートしても、《キリコ》に間に合わせてしまうこともありますよね。
最近では「キリコ」に《ガブリエラ》も積まれていて、前以上に簡単には勝たせてくれなくなっています。
呪文が多く、除去の少ない「トリーヴァ」では《ザビ・ミラ》からの《ヴォルグ》連打でLOも多く。
流行っていますが、きっちり環境を見極めている人には通用しないデッキだったりもします。

それでは、「トリーヴァ」の次は「ネクラ」と言いましたが、「ネクラ」はどうでしょうか。
《マグナム》によって、《キリコ》を無効化できるのは大きいですが。
《N・ワールド》から《エクス》でビートされたりと、戦法を変えられることもあるみたいです。
そこは《HEIKE》を出しておいたりと、《マグナム》出した後の事も考えておいた方が良さそうですね。
「青黒t白」はどのデッキを使用していても、常に警戒しなければならない相手です。
「ラスト・ストーム型」や「ヴォルグ型」等、派生デッキがいくつも生まれています。
それらに対抗して、「ネクラ」に《カイカイ》を入れるのが主流になってきています。
先程の「トリーヴァ」相手にも《カイカイ》は強く、超次元環境で輝いた1枚ですね。
ビートにもコントロールにも『超次元呪文』が入っている環境なので、《マグナム》が強い。
そして、「キリコ」相手には《チャクラ》でビートして殴りきる。
後は「速攻」ですが、それに対しては今でも厳しいようですが、シノビ等で同等に戦えるみたいですね。

今のところは、光のトリガーが強く、光入りのデッキが上がってきていますね。
やはり、ビート環境ではカウンターできる方が強いようです。
更に手札破壊を行う「青黒t白」に対抗して、《リュウセイ・カイザー》や《N・ワールド》が投入されたり。
「Mロマ」も光のトリガーに対抗するべく、《ギガボルバ》を入れたりとアイデアが尽きませんね。
環境が速くなったと言われていますが、それ以上に読み合いが難しくなったように感じます。
1枚のシールドに仕掛けられたトリガーを巡っての駆け引きなどは見てる側も楽しめますね。

個人的にはもっと砕けた文章の方が、自分の言いたいことをズバッと言えると思うのですが。
そちらはリンコさんに任せてあります。(最近、twitterを始めたみたいです)
私としても、あまり大したことは言えないのですが、現在の環境は良い環境だと思います。
どのデッキにもワンチャンスあり、自分もデッキ作りに試行錯誤して楽しんでいます。
これでコラムは終わりますが、少しでも皆さんの役に立てれば良いなと常々考えております。
自分は他の方の考察やコラムを読んで、モチベーションが上がったり、創作意欲が沸いてりします。
後から自分の記事を読み直すと、微妙にズレたことを言っていたりするので恥ずかしいのですが。
批判等があってもめげずに受け止め、自分なりに精進して行きたいと考えております。
posted by: コバやん | ちょっとした記事 | 04:03 | comments(0) | trackbacks(0) |-
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 04:03 | - | - |-









この記事のトラックバックURL
http://japanese-room.jugem.jp/trackback/408
トラックバック